アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「自然」のブログ記事

みんなの「自然」ブログ


毛皮+肉+死+命=? 

2011/12/06 17:03
わたしも、高校生のころ毛皮問題に直面し、ショックを受けた経験がある。
それからだいぶ時間がたち、はやくも7年ほどになろうか。
そのころと比べ、いろいろな経験も積んだし、考えもすこし変わった。
ひさしぶりに、毛皮について考えてみた。



まず、最初に言っておくべきことは、

昔から、毛皮は肉とともに、ちゃんと利用されていた。
寒い地方では、毛皮は必要不可欠なものだし、
今なんかよりずっと、毛皮を大事にしていた。

だから、毛皮の使用そのものを批判するつもりはない。



そもそも動物と人間とのかかわりは、長い歴史を持つ。

狩りは、もともとそんな生やさしいものじゃなかった。
だからこそ、毛皮も肉も、貴重だった。
だから、大事に使った。

そのうち鉄砲が出てきて、毛皮の利用が増え、野生動物の数は激減した。
これは、『もののけ姫』で言われている話でもある。

そして今では、肉は効率的に“生産”されるようになった。
スーパーに並ぶ肉は、単なる商品でしかなく、家畜の死に思いをめぐらすことは無い。
我々が考えるのは「一グラム何円?どこ産?」くらいのものだ。



それは“悪い”ことなのだろうか?
悪い、ということはたやすい。
しかし、皆がそれを望んだからこそ、今の状況がある。

毎日肉を食っているくせに、血を見るのが嫌だと平気で言える、この矛盾は、皆が望んだことなのである。

ただ我々が出来ることは「頂きます、ご馳走様でした」とちゃんと言うくらいしかない。

(しかし、できるなら、皆が一生に一回だけで良いから、鶏を殺してさばいて食う、ということをやってみるべきだ。
そうしたら、自分の罪深さに気づくかもしれないし、自分で殺した肉の信じられないほどの美味しさにも、気づくかもしれない。)



毛皮も、肉も、
それを使うことが絶対的に悪いのではなく、
それにともなう生・死が完全に無視されていることに問題がある。
そして、単純に“商品”というだけの意味しか持てなくなっている。
これが異常なのである。



そもそも
「一枚の布に、いったいどれほどの命が失われているか?」
と言ったら、養蚕など、最大の悪行かもしれない。

そもそも、私がいま織っている絹織物は、
カイコ数千匹を殺して作ったものだ。
養蚕業などアウシュビッツ収容所に匹敵する、生命の尊厳を汚す、悪魔的な悪行じゃないか!と言われても、何も言えないわけである。
ただ言えるのは、人間はおおむね、虫の死にはあまり同情しない、という事実だけである。



自分にとって大事な命は、死んだら悲しいが、
どうでもいい命は、死んでも無関心でいられる。
人間とは、こうも自己中心的なのである。



じゃあ、人間が“悪”なのか?

いや、
自己中心的なのは、人間だけではない。
鹿やいのししだって、自己中心的に生きている。
ヤギが植物を食い尽くして禿山にしてしまうことが普通にある。
生命とは、そもそも本質が自己中心的なのである。



しかし、人間はあまりに増えすぎたために、そうも言ってはいられなくなってきた。
西洋的に、自然を人の手で作り変えていくのか、
あるいは東洋的に自然と融合していくのか、
どんな形にしろ「どうにかしなくては」という気持ちは誰もが持っている。

その壮大なテーマに、なかなか明確な答えは出ない。

しかしわたしは、その答えとして、
「各々が一から生活を作りなおしていくキッカケ」を作れたらいいと思っている。
常識的な生活とはちがった、よりよい生活のカタチ。

社会構造の変化が著しい今だからこそ、
そんなものができたらいいな、と。

最後まで読んでくださってありがとう。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


クワコ乱入か!?

2011/10/16 17:42
まずはこれを見ていただきたい。
画像

ななんだこれは!?
画像

白い美女が黒い連中にやられているぅ〜〜〜!!!?

この黒い蛾たちは、はじめて見たのだが、クワコの成虫♂に間違いない。
なぜなら、形が同じだからである。
しかし、彼らは上手に飛ぶことが出来る。

クワコと言えば、養蚕の時に、桑の葉っぱにくっついて来る幼虫はよく見るのだが、
いつの間にか皆どこかへ消えてしまうため、成虫を見たことがなかった。
しかし今日、掃除のときに窓や扉を開けていたら、
いつの間にかこんなことになっていたのであった。


それにしても、蛾のセンサーはすごいですね。
部屋の中にいるメスの匂いを嗅ぎつけて、何処からともなくやってくるわけですからね。

蚕のオスは、死ぬまでメスを追い続けますが、
クワコは、メスがもう誰かに奪還されたと知ると、すぐにどこかへ飛んでいきます。
自分の命が短いことを知っていて、無駄な努力は避けるようです。

あと、蛾なのに昼間に行動してますよね。


これで蚕とクワコの合いの子“クワイコ”が生まれる、といいのですが、
なにしろ近頃の寒さで、2週間くらい羽化が遅れており、
専門家いわく、「メスが長時間低温にさらされた場合、“孵化しない受精卵”になってしまう。」
という話を聞いたので、もしかしたら来春に孵化しない可能性もあります。
でも孵化してほしいなぁ。。。


〜蛇足〜
蚕のオスも、必死に羽ばたいて飛ぼうとします。
もうすぐ浮き上がりそうでも、絶対に飛べません。
クワコを見ていると、なんと自由自在に飛ぶことか。
蚕もさぞ飛びたかろう。
と、不憫に思うときがあります。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


花とか、昆虫とか、、

2011/08/24 21:06
私は、花とか全然興味ないのですが、

見るたびに毎回おもうのは、

花豆の鮮やかな赤い花、綺麗ですよね。
画像

ああ、“豆”って、ほんとうに人間の役に立ってる、見て綺麗だし、食べて美味しいし。

「自分の畑を持ったら、キュウリとかはどうでもいいが、豆は外せないな。」とか思います。(もう大豆作ってるじゃん…)


あと、私は昆虫とか全然興味ないのですが、

田舎に来てから、虫を見かける機会はいやおうなく増え、

虫の“デザインの豊富さ”に驚かされています。

ほんとうに、ファッションみたい。


最近たまに見ては、かっこいいと思っていた虫がいたので、今日調べたところ、
画像

どうやら「スジアオゴミムシ」らしい。

黒と金色のデザイン、カッコよすぎ。(ゴミ虫のくせに)

そのまま陶器(つぼ)のデザインに使えそうです…下部の丸みの部分はマットな質感に縦筋模様入れて炭化焼成の黒に、上部は金液で…

虫のデザインを見ていると、ほんとうに不思議です。

連中は、自分の姿を見ることも出来ないのに、なぜこのような色かたちになろうと思ったのか…。

そんなことを考え出すと少し時間を忘れます。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


卯月(うづき)

2011/05/14 23:55
今日5月14日は、旧暦でいうと4月12日でした。
4月は、別名で、卯月(うづき)です。

卯月とは、卯の花が咲く月、卯の花とは、ウツギの花です。

マルバウツギの花
画像

ここには谷戸田(やとだ…狭い谷間にある田んぼ)が、ほんのわずか残されており、
現在、トウキョウサンショウウオ(絶滅危惧種)の生息地として保護されています。
画像

放流直前のトウキョウサンショウウオの幼生
画像

幼生の時はエラがあり、前足・後ろ足と生えてきます。
ウーパールーパーみたいです。

100匹の幼生のなかで、親になれるのは1匹程度。100分の1の確立です。
だから、全体数が数百匹程度では、どんどん減っていってしまいます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「自然」ブログ

自給自足的ものづくりレポート 自然のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる