美しき宇宙へ。

2011年の末に投稿して以来、実に3年弱ぶりの投稿です。 この間に、実にいろんなことがあり、 そしてさらにパワーアップして、もとの道へと戻ってきました。 「川の流れは絶えずして、もとの流れにあらず」 という言葉の通り、基本的には道は変わっていませんが、 しかし大きく変わりました。 この「自給自足的ものづくりレポート」は、 同じようなことを志す…

続きを読む

スピリチュアルな日。

はじめてスピリチュアルなヒーリングを受けました。 かなり信頼できる人、ということで昨日友達に紹介され、 今日電話したところ、今年最後の患者の枠が空いていた。 縁があったようです。 実は最近、 この先、どの道を選んだらいいのか、かなり迷っていました。 (いつものことなんですが!いい加減慣れろよと。) 結果は、はっきりと道を示されました。 (選択肢の具体的…

続きを読む

毛皮+肉+死+命=? 

わたしも、高校生のころ毛皮問題に直面し、ショックを受けた経験がある。 それからだいぶ時間がたち、はやくも7年ほどになろうか。 そのころと比べ、いろいろな経験も積んだし、考えもすこし変わった。 ひさしぶりに、毛皮について考えてみた。 まず、最初に言っておくべきことは、 昔から、毛皮は肉とともに、ちゃんと利用されていた。 寒い地方では、毛皮は必要不可欠なものだし、 今な…

続きを読む

機上げ、横糸準備

前回、苦労して巻いた経糸。 (輸送に耐えるよう新聞紙で保護) まず、糸ソウコウ(かけ糸)を作る・・・。 初めての時は何も分からず、自己流でやって苦労したものだが、 割り竹を使ったこの方法だと、自動的に長さが揃うので、とても簡単。 その後、綾を移動して、機にセット。 これで経糸準備は完成である。 次は横糸の準備。 真綿をひらすら手で紡ぎ・・・(ずり出し法) …

続きを読む

東京シルク展2011in小谷田さん宅蚕室

報告が遅くなりましたが、10月21日~23日の東京シルク展は、雨にもかかわらず大盛況でした。 大正から今まで現役の蚕室での展示、そして製品といっしょに蚕の展示。 「蚕なくして絹製品はありえない。」 という当たり前のことをわかりやすく展示出来ていたのではないでしょうか。 私も未熟者ながら蚕コーナーの解説員としてお手伝いさせてもらいました。 毎回恒例の、座繰り・真綿紡ぎの実演ワ…

続きを読む

クワコ乱入か!?

まずはこれを見ていただきたい。 ななんだこれは!? 白い美女が黒い連中にやられているぅ~~~!!!? この黒い蛾たちは、はじめて見たのだが、クワコの成虫♂に間違いない。 なぜなら、形が同じだからである。 しかし、彼らは上手に飛ぶことが出来る。 クワコと言えば、養蚕の時に、桑の葉っぱにくっついて来る幼虫はよく見るのだが、 いつの間にか皆どこかへ消えてしまうため、成虫を…

続きを読む

たて巻き

前回、筬通しまで終わったので、次はいよいよたて巻きです。 鎖状にしていた経糸を伸ばす。 コメリで買って来た板をはさみながら巻いていく。 巻き終わり。(ココに来るまで苦闘4時間) が、しかし。 これを見て「あ~ダメだこりゃ」と思った人は鋭い。 巻き終わりがスゲー斜め!(明らかに、自作整経台がショボいせいである。) 実際、ココに来るまで、どんどん斜めになって来て、苦…

続きを読む