クワコ乱入か!?

まずはこれを見ていただきたい。 ななんだこれは!? 白い美女が黒い連中にやられているぅ~~~!!!? この黒い蛾たちは、はじめて見たのだが、クワコの成虫♂に間違いない。 なぜなら、形が同じだからである。 しかし、彼らは上手に飛ぶことが出来る。 クワコと言えば、養蚕の時に、桑の葉っぱにくっついて来る幼虫はよく見るのだが、 いつの間にか皆どこかへ消えてしまうため、成虫を…

続きを読む

マイ蚕360匹、上族

いったい何匹いるのか分からないまま、飼っていたが・・・ ↓上族し始めたころ。普通に布団の横で飼っても差し支えない。(部屋が見苦しくて申し訳ない。) ↓現在の様子。洗濯物をかけるやつに、そのまま。 春、はじめて飼った時は、200匹でもノイローゼになるほど大変だったのが、 (ほんとうにノイローゼになったんですよ!) 350匹くらい片手間でも飼えるようになった。 それだけでもここに…

続きを読む

初秋蚕上蔟、そして晩秋蚕は4令

初秋蚕は、昨日ほぼ上蔟が終わりました。 写真は、超集密上蔟自動送風乾燥施設『マユトピア』です。ふつうの回転蔟より、かなりガッツリ詰め込んでいるのがお分かりでしょうか。 品種は、一般的な品種である「錦秋鐘和(きんしゅうしょうわ)」の“原種”です。上田蚕種から依頼されたものです。 錦秋鐘和の説明:日本種と中国種の二元交雑種(実質は四元交雑種)で、繭は白色、繭糸の太さは2.8d内外…

続きを読む

遺伝子組み替えは問題ありか?

2令の眠の状態で稚蚕が来ました。今は3令です。 今回は、F1種(一代交雑種)の親、2種類を飼っています。これらをサナギにして羽化させて掛け合わせて、「~品種」と呼ばれる卵ができるわけです。 その卵を稚蚕飼育所で3令まで飼ったのを、養蚕農家に配り、繭にまでして、製糸工場に出荷。という流れになります。 ただ問題は、やはり人工飼料に問題があるためか、成長障害の蚕が多く出てます。人工…

続きを読む

さなぎパウダー??

夏蚕の上簇からまだ一週間経ちませんが、繭を切ってサナギを取り出す作業をしました。 繭は化粧品会社へ出荷し、化粧水の原料になるそうです。 サナギは、いまのところ用途がありません…レジ袋に満杯です。しかもこれが5袋あります…! シルクパウダーうんぬんよりも、「さなぎパウダー」の実用化を検討した方がいいのでは?と本気で思う今日この頃です。。

続きを読む

マイ蚕の運命は・・・

ようやく夏蚕の上族がほとんど終わり、やっと休めるかと思うところですが、あいにく畑仕事が忙しく休みも一ヶ月以上全くありませんので疲れました。 写真は、マイ蚕です。 不正規雑種の2代目で、ホルマリン消毒も蚕体消毒もしてないですが、病気にもならず大きくなってくれました。 現在4令の眠(にわやすみ)です。 夏なので、通常より1日以上早く、ひとまわり以上小さいです。 この蚕がバイトまでに…

続きを読む

シルク業界について思う

今日は夏蚕の上族でした。 全体の半分ほど、早い者だけです。遅い者は明日です。 ところで、羊毛(ウール)の世界では、スローライフなどとあいまって、平和的・牧歌的雰囲気のコミュニティを形成しているように見えます。 対して絹(シルク)業界は、“真面目・勤勉・高尚”な雰囲気が漂っている気がします。 (誤解なら申し訳ありません。) やはり素材の持ち味が出るのかもしれません。 要…

続きを読む

異常気象

異常気象が続いています。笹繭20000頭あまりは、もうすぐ上簇です。 蚕は、30℃以上になると良くないので、猛暑で夏蚕を飼えない地域が増えてきました。しかし今年は冷夏になるのでしょうか?米など冷害が心配です。 そして残暑が厳しいと、今度は秋蚕が暑すぎて飼えません。かといって早く霜が来ると、農作物がやられます。 いろいろ難しい時世になりましたが、柔軟にいろんな生き方を模索していかなくてはな…

続きを読む

処分

現在、笹繭20,000頭あまりは、“にわやすみ”(4令の眠)です。春に比べたら半分以下なので、楽です。 しかしなにせ農繁期なので休日も皆無、畑仕事がいそがしくて仕方がありません。 それは自分が食う分ではなく、給料の為でもなく、単なる研修のお礼奉公(ボランティア)です。それに一日の大半を費やし、創作に割く時間がほとんど無いので、ちょっと考えてしまいます。 ただ、作業自体は慣れれば辛くはなく、…

続きを読む

夏蚕

7月10日に夏蚕を掃き立てました。現在1令の眠です。今回は笹繭が約1箱です。あとはずっと畑仕事です。やっていることが採算が合わない仕事ばかりだからか、焦りがどんどん増してきています。 休み時間はずっと糸作っています。早く織って、なんでもいいから形にしたいのです。 形がなければ何もしていないのと同じです。ただのうのうと生活してるだけでは社会のゴミと言われても仕方ないからです。 周りの様々なプ…

続きを読む

蚕がガに

大きいほうがメス、小さいほうがオス。 ふわふわしててやわらかくて、白くて、おとなしくて。 200頭ちかくから、良いものを5頭ずつ選び、待つこと1週間。 教科書にあるとおり、オスから先に出始めました。 そして、2日くらい経って、後からメスが出始め、交尾がはじまりました。 メスは、出てから長い間じっとしていますが、 ある時フェロモンを放出するらしく、 その瞬間周りのオスたち…

続きを読む

カラフル繭

にんじんも昔は紫や赤やいろいろあったように、繭にもいろんな色や形があってもいいのではないかと。 めったにお目にかかれない珍しい品種のオンパレード。 自分も最初はピンク繭なんて…と思っていたのが、なんか予想外にきれいなので。

続きを読む

繭かけ

マイ蚕が繭をかけ始めました 育て方が悪いためか、一斉にかけるんではなく、ばらばらに始まり、 しかも半日も待たせたらダメになってしまうため、熟したのから一頭づつ拾っていますが、 これが「気が抜けない&目が離せない&めんどくさい」、 皆、なかなか繭をかけずに一日中うろうろうろうろ・・・ 精神がかなり疲れています。 一斉上族と回転マブシは不可欠な技術だと身にしみました。 しか…

続きを読む

5令くいざかり

私のペット約200頭は、病気かと心配しましたが、どうやら無事に繭を作りそうな勢いで、桑を食べて大きくなりました。 現在、5令6日目、体長8cmです。 しかし、脱落者も多少いますし、全部が繭を作るかどうかは最後までわかりません。 笹繭と春嶺鐘月も、5令に入っているので、毎日桑取りがたいへんです。 条桑育(じょうそういく)といって、枝のまま桑を与えますが、それを切って運ぶのが、軽く肉…

続きを読む

にわやすみ

笹繭が4令の眠に入りました。最後の眠、「にわやすみ」です。真っ白で大きく揃い、いい蚕です。 それに対し、私のペットは、アリにも負けず、ほとんどが5令になれたものの、病気の線が濃厚になってきました…(;_;) 色が全体的にうすい褐色を帯びてきており、色が濃いものは餌を食べず、透明な液を尻から出すのが一匹います。 アリに噛まれて弱った結果なのか、稚蚕からの病気が出てきたのか、わか…

続きを読む

アリの逆襲

今朝未明、アリによるテロ攻撃があり、4眠中の蚕約5匹が殺害されました。半数はほぼ被害なしですが、噛まれるなどして軽傷を負った数はまだ不明です。 今朝6時50分ころ、飼い主が桑取りから帰ってくると、蚕にアリが群がっているのを発見。即座に無傷と思われるものを避難させ、アリはすべて掃除機で吸い取り殺害しました。 「アリのものすごい大群が床一面ブワーっと押し寄せてきてて、蚕が死屍累々って感じ…

続きを読む

ペット4令中

相変わらず朝は早いです。 師匠の飼う笹繭は、3箱以上となると、食べる桑っ葉の量が膨大です。 はたして5令にはどうなってしまうのか心配です。 私のペット200匹は、すでに4cm近くまで巨大化し、 食欲が加速度的に増加しているのが分かります。 家の側に畑を開墾しました。 10畳くらいのスペースです。 初めての畑なので、何を植えるか迷います。 この地域では昔から「大・小…

続きを読む

体調くずし気味。

昨日まで稚蚕室にいた笹繭が3令になり、飼育台に移されました。 また、稚蚕飼育所からも蚕が来ました。 これから忙しくなっていきます。 マイ蚕は、4令になりました。体長は2cm強です。 早起きして、養蚕勉強しながら自分も飼って、畑手伝いながら自分も作って、真綿作って糸作って、飯作って洗濯して風呂沸かして掃除して・・・と、いろいろ気を回すことが多すぎて、体調くずしてます。 悪い日は悪…

続きを読む

2令

昨日から動かずにいた、うちのペットたちは、 今朝には脱皮を終えて、2令になりました。 1令よりも明らかに食い意地張るようになりました。 半日で一回り大きくなります。 現在1cm位まで大きくなり、かすかに食べる音が聞こえるようになりました。 見ていると癒されます。 師匠の育てる笹繭軍団は、最新設備によって、すでに1令の“眠”に入りました。 あっという間に追い抜かれそう・・・ …

続きを読む

中条、春蚕の掃き立て

ついに待ちに待った掃き立てかやってきました。 ちなみに、東京八王子では13日に行ったので、半月以上遅れての掃き立てです。 平地と山間部で、いかに農繁期の長さに違いがあるか、分かります。 昨日、茨城県つくば市の生物資源研究所から届いた、笹繭3箱と、その他20種の珍しい品種。 それを、前日から保温・遮光しておき、 今朝5時に、光を当てると、いっせいに孵化がはじまりました。 奥…

続きを読む

ペット・・・?

我が家にペットがやってきた。 何を隠そう、蚕である。 このおこさまは、いわゆるナントカ品種ではない。 どこの馬の骨かもわからない奴である。 というのも、 去年の飼育台に、勝手に繭を作ったゴロツキが、 そのまま羽化し、そしてどっかの誰かと作った子供が、 今年になって、勝手に孵化して、腹をすかせてうごめいているのを、 4日前、飼育台を掃除している際に発見されたのである…

続きを読む

もうすぐ掃き立て

5月30日に種が届く予定です。 そして6月1日に掃き立ての予定です。 いまは、それに備えての準備を進めています。 蚕座(蚕の飼育台)の組み立て ホルマリンで蚕室を消毒する機械(バルサン式) 桑園の草刈り

続きを読む

掃き立て(八王子)

今日は八王子にて掃き立てを行いました。 小谷田さん宅、蚕室 稚蚕室は、28℃、60%に保つ必要があるので、ストーブを炊き、水をまいてある。 大日本蚕糸会の蚕糸科学研究所から送られてきた、「青熟×支21」 孵化して小さな毛蚕(けご)がうごめいている 新鮮な桑の葉を桑切機と包丁できざみ、 蚕の上にまんべんなく与えます。 湿度を90%近く保つため、濡れタオルなどで囲っ…

続きを読む

ヤナギ

これは何の木に見えますか? 一見、桑みたいに見えますが、桑ではありません。 天蚕を育てるためのヤナギです。じつは天蚕はヤナギでも飼えるのです。と言っても野生のヤナギではダメで、高柳(コウリュウ)という中国産のヤナギです。 今日は、長野県の須坂に、ヤナギの枝をもらいに行きました。それを30cm位に切って土に刺し、苗にします。 どうなるか楽しみです。

続きを読む

桑畑の様子

5月末の掃き立てに備え、剪定をしています。 写真は30年以上現役の桑園です。 50年前はどこに行っても見られたはずですが、現在では絶滅危惧の風景になってしまいました。 私も、最近まで桑畑を見たことがありませんでした。

続きを読む

桑園の管理

長野市中条村に来て、もう5日が経った。 ここではもう雪は降らないが、まだ桜も咲いておらず、もちろん桑の葉も芽吹いていない。ちょうど福寿草が咲いている。 今は、桑の枝の剪定をやらせてもらっている。 春用の桑は身長くらい、夏用は胸くらい、秋用は枝の根本で切り、細かい枝も除く。すると、ごちゃごちゃのヤブみたいだったのが、桑畑らしくなる。 なにしろ狭い部落でのよそ者なので、いずれ顔見せに…

続きを読む

いよいよ

あさってから中条村に住み込みスタート。 本来ならば4月もバイトのはずだが、地震でお客さんゼロのため、首。 なかなか計画通りには運ばない。 住み込みの様子を毎日更新したいが、はたしてネットに繋げるかどうか分からない。 こんなときiフォンは便利なんだろうな・・・ ちなみに、最近胃もたれ気味。 胃腸が弱っているのか。

続きを読む

繭っ子せっけん

14日に中条村に行ってきた。 前と同じく施設を見学した。 乾燥中のセリシン入りせっけん。10個購入し、いくつかを知人に配った。 気に入って定期的に購入してもらえればいいのだが・・・。 冬は何もすることがない、というのが農家であり、養蚕農家も例外ではない。 冬にきのこ栽培なども可能だが、暖房費が高い。 中条では、掃き立ては5月末。関東ではもっと早い。これは気温の問題だから仕…

続きを読む

中条村養蚕牧場 見学

京都から深夜バスで長野へ。 そして長野駅からバスで1時間で中条村に着きます。 県道から山道に入り2kmほどで、下小沢という部落に着きます。 そこに知る人ぞ知る有名な養蚕農家があります。 立派な母屋。いわゆる古民家。写真右下に犬がいます 堀内さんご夫婦 私は来年ここで養蚕と農業を学ぶことになります。 近くに空き家があり、空き畑もあるそうで、願っても無い環境です。 堀…

続きを読む

ジバタリアン村野さん

『図解 手織りのすべて』の著者、村野圭一さんのお宅にお邪魔しました 何時間にもわたり地機トークをしました(マニアック)。 ただ、自分はあまりに初心者なので、基本的なことをいろいろ教えてもらいました。 肝心の「手織りのすべて」は、もう在庫が尽きたそうで、手に入りませんでした・・・。 手織り業界では結構有名な本なので、再版したら売れそうですが?? 村野さんは、日本の絹の消費量にもとづく…

続きを読む