処分

現在、笹繭20,000頭あまりは、“にわやすみ”(4令の眠)です。春に比べたら半分以下なので、楽です。 しかしなにせ農繁期なので休日も皆無、畑仕事がいそがしくて仕方がありません。 それは自分が食う分ではなく、給料の為でもなく、単なる研修のお礼奉公(ボランティア)です。それに一日の大半を費やし、創作に割く時間がほとんど無いので、ちょっと考えてしまいます。 ただ、作業自体は慣れれば辛くはなく、…

続きを読む

猫のひたい程の大豆畑

大豆を蒔いたのは約1ヶ月前でしょうか。もうこんなにでかくなりました。 土壌流出を防ぎ表土を肥やすため、草を引っこ抜かず、伸びてから鎌で刈り置く、というふうにしてましたが、大豆は普通、土寄せします。草の根があると土寄せができません。草を抜き、土を軽く寄せてから草マルチにしましたが、難儀でした。 こういう痩せた斜面では、なるべく粗放的農業にしていくように考えないといけないと思いますが、その一つ…

続きを読む

夏蚕

7月10日に夏蚕を掃き立てました。現在1令の眠です。今回は笹繭が約1箱です。あとはずっと畑仕事です。やっていることが採算が合わない仕事ばかりだからか、焦りがどんどん増してきています。 休み時間はずっと糸作っています。早く織って、なんでもいいから形にしたいのです。 形がなければ何もしていないのと同じです。ただのうのうと生活してるだけでは社会のゴミと言われても仕方ないからです。 周りの様々なプ…

続きを読む

蚕がガに

大きいほうがメス、小さいほうがオス。 ふわふわしててやわらかくて、白くて、おとなしくて。 200頭ちかくから、良いものを5頭ずつ選び、待つこと1週間。 教科書にあるとおり、オスから先に出始めました。 そして、2日くらい経って、後からメスが出始め、交尾がはじまりました。 メスは、出てから長い間じっとしていますが、 ある時フェロモンを放出するらしく、 その瞬間周りのオスたち…

続きを読む

カラフル繭

にんじんも昔は紫や赤やいろいろあったように、繭にもいろんな色や形があってもいいのではないかと。 めったにお目にかかれない珍しい品種のオンパレード。 自分も最初はピンク繭なんて…と思っていたのが、なんか予想外にきれいなので。

続きを読む

家庭菜園

家の前に小さい畑を作りました。 (作ったといっても、昔は畑だった所、いまは放置されて荒れている) 約一週間前に、竹の根っこを掘り、草をとり、大豆をまきました。 そして大豆が芽を出しました。 これだけの面積では、茶碗一杯の収穫があるかどうか・・・。 ふつう家庭菜園といえば、 トマト、きゅうり、なす、かぼちゃ、さやえんどう、ゴーヤ、など、 夏野菜を作ると、楽しいような感…

続きを読む

繭かけ

マイ蚕が繭をかけ始めました 育て方が悪いためか、一斉にかけるんではなく、ばらばらに始まり、 しかも半日も待たせたらダメになってしまうため、熟したのから一頭づつ拾っていますが、 これが「気が抜けない&目が離せない&めんどくさい」、 皆、なかなか繭をかけずに一日中うろうろうろうろ・・・ 精神がかなり疲れています。 一斉上族と回転マブシは不可欠な技術だと身にしみました。 しか…

続きを読む