繰り返し→整経→筬通し

前回、経糸を黄色に染めて、糊付けしました。 その経糸を、整経に備えて糸枠に巻きなおします。(「繰り返し」と呼ぶ。) 4本取りで整経するならば、4つの糸枠に4等分して巻かねばならないのですが、 現在、糸枠は一つしかなく、あと何個も作るのは非常に面倒だったので、 すべて一つに巻いてしまいました。 (少しオーバーフロー気味) そして整経台も完成したので、整経スタート。 一本取りで…

続きを読む

桑の苗づくり

いよいよ桑の苗を製造する時が来てしまいました。 というのも、面倒だから。。。 春に、桑の実が混ざった蚕糞をまいた畑に、実生苗がたくさん出ていました。 ちなみに、桑の実をそのまま土にまいても、発芽しないそうです。 普通は種の周りの果肉をきれいに洗ってから播くそうですが、 今回は偶然ながらたくさん発芽しました。 それを、スコップで掘って、細かい根をなるべく残すよう土をふるい落…

続きを読む

ゲージツの秋、織物の準備

「芸術の秋」という言葉の意味を噛み締めている今日この頃です。 というのも、今くらいの時期は、秋野菜を撒き終わり、ちょうど農作業もひと段落するからです。 本来は涼しさもちょうどいいはず、なんですが今はいささか寒すぎます。 蚕も終わったので、ここぞとばかりに、織物を進めています。 完成したら長さ6mほどになる予定のたて糸。 114g。19.2m/g。袋真綿から手で紡ぎ、スピンド…

続きを読む

蚕の佃煮

今秋に飼ったマイ蚕350匹。 上族から約一週間経ち、繭を切ってサナギを取り出しました。 これはすべて真綿にする予定です。 普通は、乾繭(かんけん)といって、熱風によってサナギを乾燥し殺した後、繭を茹でて糸を取ったり、真綿にしたりします。 繭を傷つけることなくサナギを殺し、長期保存するには、それしかありません。 私の場合は、サナギを美味しく食べたいので、生のまま取り出します。…

続きを読む

マイ蚕360匹、上族

いったい何匹いるのか分からないまま、飼っていたが・・・ ↓上族し始めたころ。普通に布団の横で飼っても差し支えない。(部屋が見苦しくて申し訳ない。) ↓現在の様子。洗濯物をかけるやつに、そのまま。 春、はじめて飼った時は、200匹でもノイローゼになるほど大変だったのが、 (ほんとうにノイローゼになったんですよ!) 350匹くらい片手間でも飼えるようになった。 それだけでもここに…

続きを読む

初秋蚕上蔟、そして晩秋蚕は4令

初秋蚕は、昨日ほぼ上蔟が終わりました。 写真は、超集密上蔟自動送風乾燥施設『マユトピア』です。ふつうの回転蔟より、かなりガッツリ詰め込んでいるのがお分かりでしょうか。 品種は、一般的な品種である「錦秋鐘和(きんしゅうしょうわ)」の“原種”です。上田蚕種から依頼されたものです。 錦秋鐘和の説明:日本種と中国種の二元交雑種(実質は四元交雑種)で、繭は白色、繭糸の太さは2.8d内外…

続きを読む

ミニ畑の様子は・・・?

近頃、養蚕の話ばかりになってますが、 ものづくりは養蚕だけじゃない! 畑の話もある!ということで・・・ 一週間以上続いた長雨も上がり、夏日が戻ってきました。 けっこう放置気味だった畑。 草、超ボーボー。(草原か!) まあ、いいかげん慣れたもので、ちゃちゃっと鎌できれいに刈ってやりましたよ。 (草は抜かずに刈る、ということで。) そして、作物のようすはというと・・・…

続きを読む